近現代史記事紹介-7

 

■ 洗脳手伝ううち自分自身も洗脳

 

産経新聞正論のコラムに、平川祐弘氏の「洗脳手伝ううち自分自身も洗脳」が載っていましたので、書き起こして掲載します。

 

日本が西洋化することで失った明治末年以前の文明の姿はどんなだったのだろうか?

興味がありますね。

2023/01/27

 

洗脳手伝ううち自分自身も洗脳 東京大学名誉教授・平川祐弘

2023/1/27 08:00 コラム 正論

 

東京大学名誉教授 平川祐弘氏 
東京大学名誉教授 平川祐弘氏 

 

平川 祐弘(旧字体: 平川 祐弘、ひらかわ すけひろ、1931年〈昭和6年〉7月11日 - )は、日本の比較文学研究者、評論家。東京大学名誉教授、国家基本問題研究所理事。

 

洗脳手伝ううち自分自身も洗脳 東京大学名誉教授・平川祐弘

 

渡辺京二氏が熊本で歳末に亡くなった。『逝きし世の面影』(平成十年、葦書房)という情緒豊かな標題の書物で、日本が西洋化することで失った明治末年以前の文明の姿を追い求めた。この代表作が十七年に平凡社ライブラリーとして再刊され、解説を書いた。

 

「西洋人という鏡に映った旧日本の姿に新鮮な驚きを感じた渡辺氏の、イデオロギーや先入主にとらわれない、率直な反応が、美しい日本語に表現されていて、本書を価値あるものとした。共感は批評におとらず理解の良き方法である」

 

 

明治は「美化された幻影」か

 

九州で予備校講師を務めた著者は、学問の本道を進んだ人ではない。だが歩き方には力があった。滅んだ古い日本の姿をしのぶには、異邦人の証言に頼らねばならないとし、私たちは自覚しないが、西洋人がひとしく注目した明治初年の生活の特徴を、「陽気な人びと」「簡素とゆたかさ」「親和と礼節」等に分類、詳述した。

 

「外国人が見た日本」という視角について渡辺氏は指摘する。「日本の知識人には、この種の欧米人の見聞記を美化された幻影として退けたいという、強い衝動に動かされてきた歴史があって、こういう日本人自身の中から生ずる否認の是非を吟味することなしには、私たちは一歩も先に進めない」

 

なぜインテリは逝きし明治の面影を「美化された幻影」として退けるのか。それは敗戦後、占領軍の管理下で日本批判が繰り返され、知識層は日本が好(い)い国のはずはない、と自虐的に思いこんだからである。一例が中野好夫氏で、戦争中の愛国者は、一転、戦後民主主義の旗振りとなった。前非を悔いた東大英文科の有名教授は、以前は愛した小泉八雲ことラフカディオ・ハーンを戦後は全面的に否定し、ハーンがたたえた神道の国日本をぼろくそに難じた。

 

米英側では日本に帰化したハーンを敵国を美化した日本政府御用の裏切り者と非難した。『ケンブリッジ英文学史』はハーンは「全く無価値」と切って捨てた。そんな様だから、戦後の東大英文科出身者でハーンをまともに扱った人はいない。

 

 

トウダイモトクラシ

 

外国文学専攻の秀才は、本国の作家評価に敏感に反応する。戦前に英文科主任だった市河三喜氏が東大に集めたハーン関係資料は、篤志家の関田かをる氏が私費で出版助成するまで、誰も利用しなかった。トウダイモトクラシとはこのことだ。

 

劇作家でシェークスピアの翻訳者の木下順二氏も、中野氏に似た。木下氏の父はハーンから直接教わったが、木下氏本人は熊本中学五年生で百枚の小泉八雲論を校友会雑誌に寄稿した。中学で木下氏に英語を教えた丸山学氏は後に熊本商大教授でハーン研究の開拓者となるが、熊本の五高生だった木下氏は丸山氏の紹介で「八雲先生と五高」という記事を『九州新聞』に寄稿した(昭和十年四月『五高同窓会会報』に転載)。

 

この秀才は同十一年、東大英文科に進学、中野氏に師事し、昭和十年代を通じ、中野氏とハーンや演劇を論じ合い中野氏の勧めで『夕鶴』を書いた。民話に想を得るあたりハーンの刺激にちがいない。

 

ハーンの民俗学に着目した丸山氏の『小泉八雲新考』が平成八年に講談社学術文庫として再刊され、監修の木下氏にお会いしたが、かつて傾倒したハーンにすこぶる冷淡で「日本人が小泉八雲を好きなのは自己愛のあらわれ」と敗戦直後の中野氏と同じだった。

 

中野氏は敗戦直後に発した悪口を改め、筑摩書房の明治文学全集に小泉八雲の解題を書いたのに、と私は思った。来日外国人の日本観を「美化された幻影として退ける」と渡辺氏が言ったのは、木下氏も念頭にあってのことだろう。

 

 

占領下の検閲で歪んだ日本観

 

だが占領下の報道制限と検閲で一番被害を蒙(こうむ)ったのは、ハーンよりもハーンが良しとした神道だ。日本の宗教文化についての発言は厳しくコントロールされ、米軍が「神社神道」を改名した「国家神道」なるものに対し知識人は悪口を言うべきもの、という社会通念が固着した。戦後の閉ざされた言語空間で培養された蛸壺(たこつぼ)史観の持ち主の一人は、昨年も『文藝春秋』で神道について歪(ゆが)んだ見方を述べた。占領軍の検閲・宣伝工作の後遺症は恐ろしい。

 

それだけに令和三年に刊行された山本武利著『検閲官 発見されたGHQ名簿』(新潮新書)には愕然(がくぜん)とした。なんと占領下、中野氏の紹介で木下氏が検閲官として連合国軍総司令部に勤務したことが詳述されていたからである。

 

山本氏の調査は仮借ない。読んで陰鬱(いんうつ)になった。日本の多くの英才は「検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない」という憲法に違反する仕事をしながら、検閲する自分を正当化した。

 

彼らは日本独立後も、戦後の閉ざされた言語空間の枠を維持し続けた。同胞の洗脳を手伝ううちに、自分自身が洗脳されてしまった人たちだったのである。(ひらかわ すけひろ)

 

 

 

■ 到来した「日米3.0」の時代

コラムを後で読み返したい時のために、書き起こして掲載しています。

 

私が気に入った新聞コラム

到来した「日米3・0」の時代  国際政治学者 E・ルトワック氏

2023/1/19 16:00 黒瀬 悦成 国際 米州 世界を解く

 

やっと本来の同盟関係になったということですね。

2023/01/20

 

国際政治学者 E・ルトワック氏 
国際政治学者 E・ルトワック氏 

 

エドワード・ルトワック(Edward Nicolae Luttwak、1942年11月4日)は、アメリカ合衆国の国際政治学者。専門は、大戦略、軍事史、国際関係論。ルーマニアのユダヤ人の家庭に生まれ、イタリア、イギリスで育つ。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学び、英国軍、フランス軍、イスラエル軍に所属した後、1975年にジョンズ・ホプキンス大学で国際関係論の博士号取得。現在、戦略国際問題研究所シニアアドバイザー。

 

到来した「日米3.0」の時代

 

岸田文雄首相とバイデン米大統領による今月13日の首脳会談は日米関係が新たなフェーズ(段階)に入った事実を鮮明にした。

 

戦後の日米関係を各段階に分けるとすると、現在は第3段階にある。

 

第1段階は、安倍晋三元首相が登場する前の時代だ。当時は、両国の国益にかかわる政策を米国が一方的に決めていた。米国が決定内容を日本に通知することもあったが、通知しないことも珍しくなかった。

 

米政府高官らは定期的に日本を訪れて米国の要求を提示し、日本政府は同意できる範囲で応じてきた。いずれにせよ、日本側が独自に日米絡みの政策を立案することはなく、その体制も存在しなかった。

 

また、自衛隊は米軍から過去何十年間にもわたって役割の拡大を求められてきたが、「政治家が防衛予算を制限している」などと主張して、米軍の要求をかわすことも多かった。

 

安倍氏が首相になって事態は一変し、日米関係は第2段階に移った。

 

安倍氏は、日本は独自の政策を持った独立国であると表明し、実際に独自政策の策定に着手した。防衛間題にも真剣に向き合った。外交ではインドとの関係を強化し、日米豪印によるクアッドの枠組みに引き込んだ。これにより、インドとの連携強化を望んでいた米国は、これまでになく密接な関係をインドと構築することができた。

 

外交的に中立的立場を保ってきたインドを日米豪の陣営に入れたのは、安倍氏の主導による革命的成果といえるだろう。

 

安倍氏はロシアとの北方領土交渉に失敗するなど、日本としての公式目標を常に達成したわけではない。

だが、日本が独自の政策を持つ独立国家であるとの立場を確立するという真の目標は達成された。同時に、安倍氏の対露政策はロシアによる対中軍事協力を制限する効果も上げた。

 

日本を対米追従から米国と並び立つ存在に引き上げたのも安倍氏だ。

 

ただし、こうした関係は安倍氏とその周辺による個人ベースの取り組みに依存していた。そして現在、日米の関係は第3段階に入った。安倍氏の時代に道筋がつけられた日米の安全保障関係が国家間で制度化されたのだ。私はこれを「日米3.0」と呼ぶ

 

米国が日本に防衛政策で要求を重ね、日本が防衛費や憲法の制約を盾に抵抗するといった緊張状態は一気に解消された。米国から言われてやるのではなく、日本の国益および日米の集団的安全保障に照らして日本が自発的に政策決定を下すようになったのだ。

 

実際、日本は将来的に台湾有事があった際は関与していくと自ら表明した。台湾が中国の手に落ちれば日本も危うくなる。こうした日本の態度表明は、日本に加え日米同盟、台湾の安全に大きく貢献している。

 

日米は、互いの国内政治に左右されない同盟関係の構築を果たした。確かに岸田氏に比べれば安倍氏の方が外交への関心が深かっただろうが、「日米3.0」の時代では、その程度の違いは問題ではない。

 

かつてのロン・ヤス(レ一ガン元大統領と中曽根康弘元首相)関係のように日米首脳の個人的関係が以前のように重大視されることもなくなるはずだ。

 

一方、米国ではバイデン氏の民主党が下院の多数派を失い、大幅な財政支出を伴う政策の実行は難しくなった。移民流人による混乱拡大や、自身の機密文書持ち出し問題も痛手だ。

 

米政権の弱体化は敵対勢力に付け入る余地を与えるという意味で、日本の安全保障にも影響する。 

 

だが、幸いなことにロシアも中国もそれぞれ問題を抱えている。

 

ロシアはウクライナ侵略で手いっぱいで、国力も衰えている。極東地域における脅威の度合いは、第二次大戦が終結した1945年以降で最低となった。欧州でも北大西洋条約機構(NATO〉加盟国と新たに戦争を起こし、米国と直接対決するとは考えにくい。

 

中国では習近平国家主席が新型コロナウイルス対策の破綻と、国内ハイテク企業締め付けの失敗で逆風に立たされている。極言すれば習氏が3期目5年の任期を全うできるかも定かではない。外交でも以前のように欧州諸国から秋波を送られることはなくなった。

 

岸田氏が今回、訪米の前に欧州を歴訪したことは、日本が欧州における中国の対抗軸になり得ることを示した点で意義深い。中国接近が目立ったイタリアが日英と次期戦闘機を共同開発するのも歓迎すべき動きだ。(聞き手 黒瀬悦成)

 

 

 

 

■ 民主進歩党新党首・頼 清徳氏

 

 

新聞コラムで勉強しています。

台湾、八田與一氏と頼清徳氏

2023/1/17 05:00コラム 産経抄

 

これから大変な時期になりますが、何とか頑張って独立して欲しですね。

歴史的にみるともともと独立国ですので、あとは世界が承認するだけです。

アメリカがネックですね。

2023/01/18

 

烏山頭ダムを建設した土木技師、八田與一氏 
烏山頭ダムを建設した土木技師、八田與一氏 

 

日本統治下の台湾南部で、東洋最大といわれた烏山頭ダムを建設した土木技師、八田與一は現在も台湾農業の恩人として慕われています。

民主進歩党新党首・頼 清徳氏 
民主進歩党新党首・頼 清徳氏 

 

頼 清徳(らい せいとく、William Lai、1959年10月6日 - )は、中華民国の政治家(民主進歩党)、内科医。現同国副総統、民主進歩党主席(第18代)。民主進歩党内では最大派閥の「新潮流」の中核的人物である。立法委員や行政院長(首相に相当)、台南市長(2期)などを歴任した。

 

日本統治下の台湾南部で、東洋最大といわれた烏山頭ダムを建設した土木技師、八田與一は現在も台湾農業の恩人として慕われている。台湾映画「KANO」で、八田役を演じた俳優の大沢たかおさんが9年前、映画のPRのためにダムを訪れた。

 

▼そこへ駆けつけたのが、台南市長だった頼清徳氏である。2人は敷地内に設置された八田の座像の前で、同じポーズをとって写真に納まった。実は2人がそっくりだと、インターネット上で評判になっていた。

 

▼大沢さんが幕末の医師役で主演したテレビドラマ「JIN―仁―」は台湾でも放映されて人気を呼んでいた。頼氏は、台湾大学医学部を卒業し、米ハーバード大学で修士号を取得した正真正銘の内科医である。36歳で政界に転じたのは、当時の国民党政権の腐敗ぶりに強い怒りを覚えたからだという。

 

東日本大震災が発生するとすぐに市民から義援金を募り、1カ月後に友好都市である仙台市に届けた。やはり交流のある栃木県日光市が震災の風評被害により外国人観光客の激減に苦しんでいると聞いてからの行動も素早かった。ラジオで市民に呼びかけ、300人を引き連れて温泉などを回った。昨年7月には、安倍晋三元首相の葬儀に「親しい友人」の立場で参列している。

 

蔡英文政権で副総統を務める頼氏が、与党、民主進歩党の新主席(党首)に選ばれた。昨年11月の統一地方選で大敗した党の立て直しが喫緊の課題である。親日家である頼氏は、一方で対中国強硬派として知られる。行政院長(首相)在任中も「台湾独立」に言及していた。

 

▼1年後に予定される総統選の与党の最有力候補でもある。中国は軍事的圧力を含めたあらゆる手段で、頼氏の勝利を阻もうとするだろう。

 

 

 

■ 「島に手を出すな」覚悟の発言

 コラムを後で読み返したい時のために、書き起こして掲載しています。

 

私が気に入った新聞コラム

「島に手を出すな」覚悟の発言 ジャーナリスト 阿比留瑠比氏

 2023/1/12 01:00 阿比留 瑠比 政治政策 阿比留瑠比の極言御免安全保障政策

 

戦後、ここまで言い切った政治家はいなかったですね。

それだけでも稀有な存在だった。

評論家江藤淳氏の言葉・・「人が死ぬ如く国も亡ぶ」にならないように。

2023/01/15

 

ジャーナリスト 阿比留瑠比氏 
ジャーナリスト 阿比留瑠比氏 

 

阿比留 瑠比(あびる るい、1966年3月4日 - )は、日本の政治部記者。産経新聞社政治部編集委員。福岡県太宰府市出身。県立筑紫丘高校、早稲田大学政治経済学部を卒業後、1990年4月産経新聞社に入社。 仙台総局、文化部(生活班)、社会部を経て政治部へ異動。政治部では内閣記者会(首相官邸担当、キャップ)、外務省兼遊軍担当を務めたのちに再び首相官邸担当に異動。

 

「島に手を出すな」と安倍氏  阿比留瑠比

 

岩田清文元陸上幕僚長ら自衛隊最高幹部OB3人と安倍晋三内閣で国家安全保障局次長を務めた兼原信克氏が、台湾有事や自衛隊の備えの現状などについて警鐘を鳴らす新著『君たち、中国に勝てるのか』が胸に響いた。タイトルは、かつて安倍氏が発した言葉からつけられている。

 

戦闘になれば損害は

 

兼原氏によると、安倍氏は平成30年策定の「防衛計画の大綱」を作る際の準備過程の冒頭で、居並ぶ自衛隊最高幹部にただした。

 

「君たち、勝てるのか。(沖縄県石垣市の尖閣諸島を巡り)戦争になれば、自衛隊員は何人死ぬのか」

 

これを読んで筆者が河野克俊前統合幕僚長に尋ねるしと、安倍氏に別件で報告に行ったときにやはり「実際に戦闘になれば、どれぐらい損害が出るのか」と質問され、率直に答えたという。

 

兼原氏はこうしたエピソードについて、同書で次のように解説している。

 

「戦争が始まれば自衛隊の犠牲は免れません。みんな家族がいる。安倍総理は、自分がその最高責任者だという気持ちがとても強かった。そんな指導者は戦後、鼓腹撃壌となった日本にはいませんでした」

 

岩田氏も同書で「安倍総理から『日本は勝てるのか』と言われましたが、この質間をしたのは、これまで安倍総理一人だけです」と述べている。確かに歴代首相の一人、菅直人氏は、就任するまで自身が自衛隊の最高指揮官であることも、防衛相が自衛官ではなく文民であることも知らなかつた。

 

一方、安倍氏は2度の首相退陣の際には、持病が悪化していく中で自衛隊の最高指揮官として判断を誤る可能性はないかと自問自答して決断していた。  

 

また、安倍氏が中国の習近平国家主席と会談した際には、毎回、尖閣諸島に関して「日本の意思を見誤らないように」と強調していたことは知られているが、兼原氏はその前段があったことを明かしている。

 

「安倍総理は習近平主席に『私の島に手を出してはいけない』と本当に言ったのですよ。そして『私の意思を見誤らないように』と続けたのです」

 

首相が領土を守り抜くという国家意思、そして自分自身の覚悟を告げた際のすごみを感じる。耳の痛いこと、都合の悪い情報から遮断された独裁者には直接、日本の考えを伝えて印象に深く刻ませる必要がある。

 

変わらぬ親中派

 

昨年12月、岸田文雄内閣は反撃能力(敵基地攻撃能力) の保有を盛り込んだ「安保場文書」を閣議決定した。中国や北朝鮮の脅威に対抗する当たり前の防衛戦略がようやく緒に就いたわけだが、ここまでの道のりは長かつた。

 

平成27年5月、自民党総務会が、集団的自衛権行使の限定的容認などを盛り込んだ安全保障関連法案を了承した日のことである。

 

安倍氏はマスコミも野党も、さらには一部自民党内からも「この法案で歯止めは利くのか」との議論が蒸し返されることに、うんざりした様子で語った。

 

「くたびれるね。何あの『歯止め』とか。中国に言ってみればいいんだよ。歯止めなく軍事拡大している国がそこにあるのに、彼らはそれは言わない」

 

それから8年近くたつ。その間(国民の対中観や安保観は現実化したが、親中派の主張は十年一日のごとく変わらない。自民党の河野洋平元衆院議長は7日のTBS番組で語つた。

 「この政策転換は、あり得ない。安倍政治に非常に大きな問題があった」

 

だが、あり得ないのがどちらであるかは、もはや自明のことだろう。(論説委員兼政治部編集委員)

 

四季月記へ移動します 
四季月記へ移動します 
鎌倉寺社探訪-2017へ移動します 
鎌倉寺社探訪-2017へ移動します 
鎌倉寺社探訪-2016へ移動します 
鎌倉寺社探訪-2016へ移動します 
鎌倉寺社探訪-2015へ移動します 
鎌倉寺社探訪-2015へ移動します 
オートシェイプ画-2018へ移動します 
オートシェイプ画-2018へ移動します 
オートシェイプ画-2017へ移動します 
オートシェイプ画-2017へ移動します 
オートシェイプ画-2016へ移動します 
オートシェイプ画-2016へ移動します 
リンク:四季の花・夏の花へ移動します 
リンク:四季の花・夏の花へ移動します 
リンク:四季の花・写句へ移動します 
リンク:四季の花・写句へ移動します 
リンク:四季の花・短歌へ移動します 
リンク:四季の花・短歌へ移動します 
リンク:四季の花・野鳥動物 へ移動します 
リンク:四季の花・野鳥動物 へ移動します