· 

野鳥をもとめて

 

2月(如月)

 

冬晴れの今日は

 

野鳥を求めて、緑道をゆっくり散策しました。

 

先日降った雪が解けて、今日の紅梅は満開です。

 

満開の紅梅
満開の紅梅

 

紅梅の横に咲く素芯蠟梅も、やっと満開になりました。

素芯蠟梅
素芯蠟梅

 

紅梅と蠟梅をみながら

 

小川の先の木立に目をやると

 

「ヒヨドリ」(鵯)が静かに佇んでいました。めずらしいです。

 

小川に佇むヒヨドリ(鵯)
小川に佇むヒヨドリ(鵯)

 

ヒヨドリ(鵯)はスズメ目ヒヨドリ科の鳥で

 

全長は26センチくらいで、全体に暗青灰色、

 

目の後ろに褐色の斑があります。

 

ピーヨピーヨと大きな声で鳴き、波形を描いて飛びます。

 

木の実や花の蜜を好みます。ひよ。ひえどり。《季 秋》

 

 

ヒヨドリがとまる川辺は、少し薄暗く、静寂に包まれています。

 

そっとシャッターを押しました。

 

 

緑道を少し奥に進むと、今度は別のヒヨドリを発見

 

こちらは餌を銜えて、さかんに動き回っていました。

 

餌を銜えるヒヨドリ
餌を銜えるヒヨドリ

 

緑道を抜け、川蝉がよく現われる河川へ

 

川面のマガモを見ながら進むと

 

今日は、川蝉がいました。ラッキーです。

 

ゆらゆらと佇む冬の川蝉
ゆらゆらと佇む冬の川蝉

 

光りの加減で、撮影する方向により

 

川蝉の色が違って映ります。

 

 

ゆらゆらと揺れて消え飛ぶ川の蝉・・數子

 

瑠璃色の翡翠
瑠璃色の翡翠
鮮やかな水色の川蝉
鮮やかな水色の川蝉
紺碧色の川蝉
紺碧色の川蝉
瑠璃色の翡翠(ひすい)
瑠璃色の翡翠(ひすい)

 

カワセミ(翡翆、魚狗、川蟬)は

 

ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に属する鳥です。

 

水辺に生息する小鳥で、鮮やかな水色の体と長いくちばしが特徴。

 

瑠璃色の翡翠は

 

ヒスイ、青い宝石、古くはソニドリ(翠鳥、鴗)と呼ばれることもあります。

 

 

川面を飛ぶと、瑠璃色の背が光り、腹面は栗色で美しいですね。

 

翡翠やピィと鳴き飛び川ながれ・・數子

 

 

河川から緑道公園へまわると

 

白梅が五分咲きに、咲いていました。

 

まだ五分咲きの白梅
まだ五分咲きの白梅

 

公園の四阿の手前の

 

石榴の木にも、白い花がつきました。

 

 

花石榴雨はまだかと妻が云い・・數子

 

 

春が近いのか

 

白木蓮がもう芽吹いています。

 

春を待つ白木蓮の芽吹き
春を待つ白木蓮の芽吹き
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
マグノリア・リモデルの紹介
マグノリア・リモデルの紹介
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2017
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2017
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2016
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2016
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2015
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2015
オートシェイプ画 2018
オートシェイプ画 2018
オートシェイプ画 2017
オートシェイプ画 2017
オートシェイプ画 2016
オートシェイプ画 2016
リンク:四季の花・夏の花
リンク:四季の花・夏の花
リンク:四季の花「四季の写句」
リンク:四季の花「四季の写句」
リンク:四季の花「四季の短歌」
リンク:四季の花「四季の短歌」
リンク:四季の花「野鳥・動物 」
リンク:四季の花「野鳥・動物 」