白旗神社への参道から、鎌倉国宝館
白旗神社への参道から、鎌倉国宝館

鎌倉国宝館 2018/01/18

「北斎と肉筆浮世絵展」の鎌倉国宝館

今回の探訪の最後は、

「北斎と肉筆浮世絵展」が開催されている、鎌倉国宝館

 

昭和3年開館、鎌倉市の寺社伝来の彫刻・絵画・工芸・書跡・古文書・考古資料の美術館です。鉄筋コンクリート造の「高床式校倉風建築」。設計は歌舞伎座の設計で知られる岡田信一郎氏です。

外観は奈良の正倉院を模し、内部は鎌倉時代の寺院建築の手法が用いられているそうです。ダイナミックで和洋折衷の味わいのあるデザインです。

今は、鎌倉市域、近隣の社寺に伝来する彫刻・絵画・工芸・書跡・古文書・考古資料など様々な文化財のうち、代表的な作品の多くが寄託され、保管・展示されています。

 

今回の展示で特に良かったのは、北斎の「小雀を狙う山かがし図」と「鶴・こうのとり図屏風」でした。

流鏑馬馬場から見る鎌倉国宝館
流鏑馬馬場から見る鎌倉国宝館
国宝館を囲む、境内池からの川から
国宝館を囲む、境内池からの川から
正面左から見る鎌倉国宝館
正面左から見る鎌倉国宝館
前面の川から国宝館へ
前面の川から国宝館へ
北斎と肉筆浮世絵展
北斎と肉筆浮世絵展

今回の展示の、北斎の作品
今回の展示の、北斎の作品
開館前の、鎌倉国宝館正面
開館前の、鎌倉国宝館正面
右参道から
右参道から
左参道から
左参道から

鎌倉国宝館側面
鎌倉国宝館側面

昨年の1月探訪は快晴でしたが、今回の鎌倉古建築探訪はあいにく曇りで、

写真は全体的に暗かったですね。

流鏑馬馬場から見る鎌倉国宝館 
流鏑馬馬場から見る鎌倉国宝館 
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
マグノリア・リモデルの紹介
マグノリア・リモデルの紹介
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
イラスト制作2018
イラスト制作2018
イラスト制作2017
イラスト制作2017
イラスト制作2016
イラスト制作2016
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより「四季の写句」
リンク:四季の花だより「四季の写句」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」