横浜山手西洋館、ベーリック・ホール

2018/04/03

横浜山手西洋館、ベーリック・ホール

正面庭園よりベーリック・ホールを見る
正面庭園よりベーリック・ホールを見る

●横浜山手の西洋館、ベーリック・ホールを訪れました。

スパニッシュスタイルの外観がとてもよかった。

 

横浜市公式サイト文記載

イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、昭和5(1930)年に設計されました。第二次世界大戦前まで住宅として使用された後、昭和31(1956)年に遺族より宗教法人カトリック・マリア会に寄付されました。その後、平成12(2000)年まで、セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用されていました。

現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建物で、設計したのはアメリカ人建築家J.H.モーガンです。モーガンは、山手111番館や山手聖公会、根岸競馬場など数多くの建築物を残しています。約600坪の敷地に建つべーリック・ホールは、スパニッシュスタイルを基調とし、外観は玄関の3連アーチや、クワットレフォイルと呼ばれる小窓、瓦屋根をもつ煙突など、多彩な装飾が施されています。内部も、広いリビングルームやパームルーム、アルコーブや化粧張り組天井が特徴のダイニングルーム、白と黒のタイル張りの床、玄関や階段のアイアンワーク、また子息の部屋の壁はフレスコ技法を用いて復原されていることなど、建築学的にも価値のある建物です。

平成13(2001)年に横浜市は、建物の所在する用地を元町公園の拡張区域として買収するとともに、建物については宗教法人カトリック・マリア会から寄付を受けました。復原・改修等の工事を経て、平成14(2002)年から、建物と庭園を一般公開しています。 

右通路よりベーリック・ホールを見る
右通路よりベーリック・ホールを見る
庭園左よりベーリック・ホールを見る
庭園左よりベーリック・ホールを見る
右斜めより
右斜めより
前面通路より
前面通路より

玄関デザイン
玄関デザイン
前庭園奥より
前庭園奥より
道路フェンス越しより
道路フェンス越しより

CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
マグノリア・リモデルの紹介
マグノリア・リモデルの紹介
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
イラスト制作2018
イラスト制作2018
イラスト制作2017
イラスト制作2017
イラスト制作2016
イラスト制作2016
リンク:四季の花だより・夏の花2017
リンク:四季の花だより・夏の花2017
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」