北鎌倉 東慶寺 2017/09/19

尼寺の面影をしのばせる、北鎌倉 東慶寺

東慶寺本堂の屋根
東慶寺本堂の屋根

 

初秋、縁切り寺で有名な、北鎌倉、東慶寺を訪れました。

 

東慶寺は、執権北条時宗夫人の覚山志道尼が夫の死の翌年、弘安8年(1285年)に開創。鎌倉尼五山のうち唯一現存する寺院です。

現在は臨済宗円覚寺派の男僧寺になっています。明治38年(1905年)に釈宗演禅師が住職となり東慶寺は新たに禅寺として歴史を歩み始めたそうです。

のちに宗演の居士の仏教学者鈴木大拙により、昭和20年には東慶寺裏山に「松ヶ岡文庫」を設立、前後の仏教研究の拠点となりました。

水月堂、書院、茶室、白蓮舎は非公開です。

深い樹木に囲まれた、神聖な寺院です。

 

東慶寺 本堂
東慶寺 本堂
本堂の釈迦如来坐像
本堂の釈迦如来坐像
本堂 塀門
本堂 塀門
本堂の灯籠と、右、書院 非公開
本堂の灯籠と、右、書院 非公開
門から本堂を覗く
門から本堂を覗く
本堂庭園から観る書院 非公開
本堂庭園から観る書院 非公開

本堂の庭園から観る塀
本堂の庭園から観る塀
本堂から観る茶室 寒雲亭
本堂から観る茶室 寒雲亭

本堂の塀
本堂の塀
書院 非公開
書院 非公開

参道の金仏
参道の金仏
松ヶ岡宝蔵
松ヶ岡宝蔵

 

中興開山の釈宋演禅師の門下には、居士、哲学者、政財界人が多く、鈴木大拙もその一人です。

後に裏山に「松ヶ岡文庫」を設立し、世界的禅文化の発展の拠点になったとのことです。

 

墓苑から観る松ヶ岡宝蔵
墓苑から観る松ヶ岡宝蔵
墓苑参道から松ヶ岡宝蔵へ
墓苑参道から松ヶ岡宝蔵へ
白蓮舎から観る松ヶ岡宝蔵
白蓮舎から観る松ヶ岡宝蔵

松ヶ岡宝蔵
松ヶ岡宝蔵
参道から観る松ヶ岡宝蔵
参道から観る松ヶ岡宝蔵

墓苑への石段
墓苑への石段

 

文士、著名人が眠る墓苑

深い樹木に包まれた墓苑の高台には、後醍醐天皇の皇女、用堂女王墓もあります。

 

用堂女王墓へ
用堂女王墓へ
用堂女王墓へ上る石段
用堂女王墓へ上る石段

深い樹木に包まれた墓苑の参道
深い樹木に包まれた墓苑の参道
墓苑の竹林
墓苑の竹林
墓苑
墓苑

墓苑へ
墓苑へ
墓苑の木立
墓苑の木立

参道から観る、樹木に包まれた鐘楼
参道から観る、樹木に包まれた鐘楼
境内の瓦塀
境内の瓦塀
参道の瓦塀
参道の瓦塀

東慶寺 鐘楼
東慶寺 鐘楼
参道から観る白蓮舎
参道から観る白蓮舎
庭園から白蓮舎
庭園から白蓮舎
白蓮舎 非公開
白蓮舎 非公開

茶室 寒雲亭の門
茶室 寒雲亭の門
白蓮舎 非公開
白蓮舎 非公開

鐘楼
鐘楼
茶室 寒雲亭 非公開
茶室 寒雲亭 非公開

東慶寺 山門
東慶寺 山門
山門の茅葺屋根
山門の茅葺屋根
夏目漱石 参禅百年記念碑
夏目漱石 参禅百年記念碑

CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
マグノリア・リモデルの紹介
マグノリア・リモデルの紹介
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
イラスト制作2018
イラスト制作2018
イラスト制作2017
イラスト制作2017
イラスト制作2016
イラスト制作2016
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」