三溪園花菖蒲苑 ・ 鶴翔閣(かくしょうかく)

2017/06/20

三溪園 花菖蒲と大池

三溪園 花菖蒲と大池
三溪園 花菖蒲と大池

●三溪園

 

三溪園は、明治時代末から大正時代にかけて製糸・生糸貿易で財をなした横浜の実業家・原三渓(本名富太郎)が東京湾に面した三之谷に造り上げた広さ約53,000坪の日本庭園です。

外苑と内苑の二つも庭園からなり、京都や鎌倉などから集められた17棟の歴史的建造物と四季折々の自然が調和した景観を創り出しています。

三渓は、芸術家や文学者などの文化人たちと広く交流したことでも知られています。

大池の花菖蒲と三重塔
大池の花菖蒲と三重塔
大池
大池
花菖蒲と大池
花菖蒲と大池

花菖蒲
花菖蒲
大池の小舟
大池の小舟

花菖蒲
花菖蒲
花菖蒲
花菖蒲
花菖蒲
花菖蒲

花菖蒲
花菖蒲
花菖蒲
花菖蒲

花菖蒲と大池から鶴翔閣を望む
花菖蒲と大池から鶴翔閣を望む

三溪園 鶴翔閣(かくしょうかく)

鶴翔閣入り口
鶴翔閣入り口

●三溪園、鶴翔閣(旧原家住宅)

 

明治35年(1902年)建築。原三溪が自邸として建てた住宅で、楽室棟、茶の間棟、書斎棟、客間棟、仏間棟、倉などの建物群で構成されています。

三溪が支援した横山大観ら日本美術院の作家たちが出入りし近代の日本画壇に大きく貢献した建物だそうです。

現在も現役で文化的行事(茶会・句会等)の施設として活用されています。950㎡(287坪)

鶴翔閣玄関
鶴翔閣玄関
鶴翔閣右
鶴翔閣右
鶴翔閣右の家屋
鶴翔閣右の家屋

玄関ポーチ
玄関ポーチ
玄関
玄関

鶴翔閣左のデザイン
鶴翔閣左のデザイン
入り口から玄関ポーチへ
入り口から玄関ポーチへ
玄関への石段
玄関への石段

玄関
玄関
玄関の額
玄関の額

鶴翔閣正面
鶴翔閣正面
案内板
案内板
鶴翔閣アプローチ
鶴翔閣アプローチ

鶴翔閣玄関エリア
鶴翔閣玄関エリア
鶴翔閣外観
鶴翔閣外観
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
マグノリア・リモデルの紹介
マグノリア・リモデルの紹介
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
イラスト制作2018
イラスト制作2018
イラスト制作2017
イラスト制作2017
イラスト制作2016
イラスト制作2016
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」