徳川家康公大御所の居城、駿府城二ノ丸東御門巽櫓 史蹟

2015/11/21

家康公 駿府城二ノ丸 東御門 巽櫓 史蹟

修復された駿府城二ノ丸、東御門巽櫓
修復された駿府城二ノ丸、東御門巽櫓

今年は、徳川家康公生誕400年の年です。そんなこともあり、修復された、駿府城二ノ丸、東御門巽櫓櫓を見にいってきました。今回は家人の他、全国の城探訪が趣味の次男と廻りました。

駿府城は過去5回焼失・崩壊しており、今は修復された二ノ丸東御門と巽櫓のみで、駿府城あとは市民の憩いの公園になっています。

 

家康公が将軍職を2代秀忠に譲って駿府城に入ったのは、1606年(慶長11年)で、75才で死去したのが1616年(元和2年)ですので、大御所として実権を掌握した10年間をこの駿府城で過ごしたことになります。もっとも、松平竹千代時代に、今川義元の人質として7才から19歳までの12年間を駿府城で過ごしています。家康公生誕400年の今年、訪れたい思っていた久能山東照宮には、結局行けませんでした。来年是非行きたいと思っています。

家康が眠る久能山東照宮の記念塔
家康が眠る久能山東照宮の記念塔
外掘りと石垣
外掘りと石垣

城代橋石碑
城代橋石碑
今も残る外掘りの石垣
今も残る外掘りの石垣

外掘りの現在の風景
外掘りの現在の風景
修復された巽櫓
修復された巽櫓
巽櫓と中堀り
巽櫓と中堀り

中堀りから東御門橋
中堀りから東御門橋
中堀りから巽櫓をみる
中堀りから巽櫓をみる
東御門橋
東御門橋
東御門の中堀
東御門の中堀
東御門橋から中堀りをみる
東御門橋から中堀りをみる

東御門橋の案内板
東御門橋の案内板
東御門
東御門

桝形門全景
桝形門全景
櫓門
櫓門

櫓門全景、鉄砲狭間の格子
櫓門全景、鉄砲狭間の格子
東御門から入った櫓門
東御門から入った櫓門
櫓門への瓦塀
櫓門への瓦塀
駿府城案内
駿府城案内

駿府城公園の案内
駿府城公園の案内
場内から櫓門をみる
場内から櫓門をみる

徳川家康公
徳川家康公
駿府城古地図
駿府城古地図

櫓門模型
櫓門模型
西多聞櫓回廊
西多聞櫓回廊

家康公甲冑展示
家康公甲冑展示
発見された東御門の鯱
発見された東御門の鯱

鉄砲狭間から東御門
鉄砲狭間から東御門
鉄砲狭間
鉄砲狭間

鉄砲狭間の格子から櫓門をみる
鉄砲狭間の格子から櫓門をみる
巽櫓回廊、当時の木造建築が垣間見れます
巽櫓回廊、当時の木造建築が垣間見れます
巽櫓部屋復原
巽櫓部屋復原
巽櫓の部屋回廊
巽櫓の部屋回廊

巽櫓の部屋復原
巽櫓の部屋復原
巽櫓上階へ
巽櫓上階へ

巽櫓上階
巽櫓上階
東門模型
東門模型

松平竹千代時代に12年間人質になっていた部屋復原
松平竹千代時代に12年間人質になっていた部屋復原
駿府お茶壺道中の駕籠展示
駿府お茶壺道中の駕籠展示

公園中を見る
公園中を見る
駿府城公園史蹟
駿府城公園史蹟

今は市民の憩いの公園になっています
今は市民の憩いの公園になっています
巽櫓全景
巽櫓全景

東御門は、駿府城二ノ丸の東に位置する主要な出入り口だったそうです。形状は桝型門で、要所に石落とし、鉄砲狭間、矢狭間等をもつ堅固な守りの実践的なもんで、戦国時代の面影を残しています。そういえば明智光秀の殺し間も同じような発想ですね。もう少し修復して欲しいという想いもありますが、徳川家康公の歴史が垣間見れる史蹟でした。


 

帰り道、幕末1868年(慶応4年)東征軍参謀西郷隆盛と、徳川幕府幕臣山岡鉄太郎(鉄舟)の会見が行われた石碑を次男が紹介してくれました。(静岡県伝馬町松崎屋源兵衛宅)この会見において将軍徳川慶喜公の処遇と江戸城の明け渡し等を決め、五日後の三月十四日に勝海舟と西郷隆盛の階段にて江戸城の無血開城が実現したそうです。明治維新史の特筆すべき会談に位置づけられる会見です。

CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
マグノリア・リモデルの紹介
マグノリア・リモデルの紹介
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
イラスト制作2018
イラスト制作2018
イラスト制作2017
イラスト制作2017
イラスト制作2016
イラスト制作2016
リンク:四季の花だより・夏の花2017
リンク:四季の花だより・夏の花2017
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」