花の寺 英勝寺 ~ 山懐の禅寺 海蔵寺 ~ 神苑ぼたん庭園・8月の壽福寺 2015/08/03

大田道灌邸跡に建つ、鎌倉唯一の尼寺、英勝寺

総門
総門

江戸城を築いた太田道灌の子孫、お勝の方が寛永13年(1636年)に創建。

 

開山:玉峯清因(水戸光圀の姉)

開基:英勝院尼(太田道灌5代の子)

 

代々水戸徳川家の息女を住職に迎えた格式高い尼寺。季節の花の寺としても有名です。

浄土宗

 

 

開門の9時に入り、朝の掃除をしていたご僧侶が、丁寧にあいさつしてくれました。向こうの竹林を是非みてほしいと言っていました。帰りも仏殿の十二支の彫刻を見たかい?と、またご丁寧に声をかけてくれました。境内は私一人でした。きっと話したかっただよね。

8月上旬。

 

仏殿の前に建つ山門。 との建物もかなり古いです。この山門は見事でした。
仏殿の前に建つ山門。 との建物もかなり古いです。この山門は見事でした。
仏殿裏手
仏殿裏手
鐘楼。これも古いですね。
鐘楼。これも古いですね。

仏殿正面
仏殿正面
山門
山門

山門に掲げられた後水尾天皇御辰筆の「英勝寺」の扁額
山門に掲げられた後水尾天皇御辰筆の「英勝寺」の扁額
山門から仏殿をみる
山門から仏殿をみる

とにかく古い仏殿
とにかく古い仏殿
軒を飾る十二支の彫刻があります。
軒を飾る十二支の彫刻があります。

英勝寺の竹林・・・鬱蒼とした竹林で、かなり大きいです。

祠堂
祠堂
竹林への入り口
竹林への入り口

竹林
竹林
光と竹林
光と竹林

竹林遊歩道
竹林遊歩道
竹林・・・竹林
竹林・・・竹林

草花の生い茂る英勝寺。

山門、仏殿とも、その古さと、木造建築物に魅了されます。

こじんまりとしていますが、歴史を感じさせる尼寺でした。

秋か冬に、再度訪れたいと思います。


太田道灌邸跡地の石塔
太田道灌邸跡地の石塔
樹木に包まれる仏殿の寄棟屋根
樹木に包まれる仏殿の寄棟屋根

山懐の禅寺、扇谷山 海蔵寺

海蔵寺

臨済宗建長寺派の古刹

 

応永元年(1394年)足利氏満の命により上杉氏定が再建。

 

門前には鎌倉十井の一つ「底脱ノ井」がある。

また花の寺としても知られています。

8月上旬。

青空を背景に、本堂(龍護殿)。鎌倉の空はいつも青いです。
青空を背景に、本堂(龍護殿)。鎌倉の空はいつも青いです。
仏殿(薬師堂)
仏殿(薬師堂)
境内
境内

本堂
本堂
本堂右に続く茅葺家屋
本堂右に続く茅葺家屋

本堂右側の縁側、裏手が寺庭
本堂右側の縁側、裏手が寺庭
本堂の屋根
本堂の屋根

境内の庭園
境内の庭園
境内から山門へ
境内から山門へ

山門
山門
境内の庭園
境内の庭園

海蔵寺鐘楼。 荘厳でした。
海蔵寺鐘楼。 荘厳でした。

花の寺として知られている海蔵寺。訪れる時期を逃しました。

6月の海蔵寺を見てみたいですね。

鶴岡八幡宮、神苑ぼたん庭園、源氏池、旗上げ社、8月の壽福寺

8月の源氏池
8月の源氏池
神苑ぼたん庭園、源氏池
神苑ぼたん庭園、源氏池
神苑ぼたん庭園、蓮と源氏池、旗上社。承久の乱の出陣の際、源頼朝が旗上げし戦勝祈願をした
神苑ぼたん庭園、蓮と源氏池、旗上社。承久の乱の出陣の際、源頼朝が旗上げし戦勝祈願をした
8月の鶴岡八幡宮太鼓橋、左が神苑ぼたん庭園入り口。この木が印象的なラウンドマークです。
8月の鶴岡八幡宮太鼓橋、左が神苑ぼたん庭園入り口。この木が印象的なラウンドマークです。
8月の壽福寺。源実朝と北条政子母子が眠る、鎌倉五山第三位の壽福金剛禅寺。また訪れたいお寺です。
8月の壽福寺。源実朝と北条政子母子が眠る、鎌倉五山第三位の壽福金剛禅寺。また訪れたいお寺です。
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
マグノリア・リモデルの紹介
マグノリア・リモデルの紹介
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
イラスト制作2018
イラスト制作2018
イラスト制作2017
イラスト制作2017
イラスト制作2016
イラスト制作2016
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」