鎌倉近代美術館

2015/05/25

鎌倉近代美術館

自然と調和する美術館、本館
自然と調和する美術館、本館

5月下旬、鎌倉近代美術館に行ってきました。45年ぶりです。

神奈川県立近代美術館 鎌倉

 

鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮境内に建つ神奈川県立近代美術館の鎌倉館は、日本で最初の公立近代美術館として1951年に開館しました。

設計は、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエの愛弟子、坂倉準三(1901-1969)によるもの。

八幡宮の歴史的な環境と見事に調和したその建物は、日本の近現代建築の代表として国際的にも有名で、1999年にはDOCOMOMO日本の近代建築20選にも選ばれています。

 

通称「鎌倉近代美術館」です。

 

 

錆びた鉄骨がまたよい、新館棟  平家池から
錆びた鉄骨がまたよい、新館棟  平家池から
鶴岡八幡宮境内表参道から(裏口ですね)
鶴岡八幡宮境内表参道から(裏口ですね)

平家池から美術館を望む、本館  5月の蓮の葉、木立、白壁、鉄骨柱
平家池から美術館を望む、本館  5月の蓮の葉、木立、白壁、鉄骨柱
ファサード右のデザイン
ファサード右のデザイン

今回、45年ぶりに、ふらっと見に行ってきました。今から64年前に建てられた建築物とは思われないほど、しっかりと、変わらない自然な調和で存在していました。

鉄骨はかなり錆びたけど。これはしょうがないですね。

 

それにしても、建築家の作品はやはりすごいですね。

建築技術の難しいことはさておき、たまには有名な建築家のデザインをみて歩くのも必要だよね。

感覚がリセットされます・・・・。

八幡宮に行く通りの植栽オブジェ
八幡宮に行く通りの植栽オブジェ
平家池、左は風の杜
平家池、左は風の杜
正門から
正門から
境内正面の交差点、三ノ鳥居
境内正面の交差点、三ノ鳥居
八幡宮表参道側の入り口
八幡宮表参道側の入り口
平家池から右側面
平家池から右側面
境内正面の太鼓橋
境内正面の太鼓橋
表参道の入り口を入って
表参道の入り口を入って
美術館内の鉄骨ブリッジ
美術館内の鉄骨ブリッジ

正門から見たファサード
正門から見たファサード
正門のサイン
正門のサイン

正門から右の平家池の遊歩道から。 このアングルもいいね!
正門から右の平家池の遊歩道から。 このアングルもいいね!
鶴岡八幡宮 本宮
鶴岡八幡宮 本宮
境内、直会殿
境内、直会殿

鎌倉駅
鎌倉駅
小川通り
小川通り

追記 「鎌倉近代美術館」が、2016年3月で閉館します。

今回訪れた後に、鎌倉別館の美術館をおとずれ、鎌倉近代美術館閉館のことを知りました。今回訪れた時は休館日の為、この情報を知りませんでした。

 

鎌倉館は老朽化が進み、鶴岡八幡宮境内では史跡にそぐうもの以外は現状変更が認められず、美術館とし改修が困難なことから、鶴岡八幡宮との借地契約が満了する平成28年3月末で閉館となることが決まりました。本当に残念なことですね。

 

1951年の開館ですので、この2016年で65年です。

私が1才の時に開館し、学生時代にあこがれた美術館でしたので、色々考えさせられる出来事です。

 

今年10/17~1/31まで、「鎌倉近代美術館」誕生と題して、最後の展示会が開催されます。2/1からは公開は終了になります。この最後の展示には、もう一度訪れたいと思っています。

 

1915/9/11の朗報 鎌倉館本館保存へ

保存を求める声が出ていた、県立近代美術館鎌倉館について、県は10日、本館棟を保存する意向を明らかにしました。県と敷地を共有する八幡宮に引き継ぎ、耐震工事後、八幡宮側は今後文化的な施設として活用を検討するとのことです。鉄とガラスの新館棟と学芸員棟は、残念ながら取り壊す予定だそうです。

この鉄とガラスの新館棟は取り壊しです。

新館の中の展示は、結局45年前に見たきりで、もう見られなくなってしまいました。

残念。

CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
マグノリア・リモデルの紹介
マグノリア・リモデルの紹介
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
イラスト制作2018
イラスト制作2018
イラスト制作2017
イラスト制作2017
イラスト制作2016
イラスト制作2016
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」