巨福呂坂洞門~鎌倉近代美術館別館~壽福寺 

2015/06/20

アーチの造形が美しい、巨福呂坂洞門トンネル

建長寺からすぐの、巨福呂坂洞門
建長寺からすぐの、巨福呂坂洞門

北鎌倉建長寺から鎌倉駅にむかい、ぶらぶらすると、まず巨福呂坂洞門のトンネルに入ります。

 

その造形は素晴らしく、この巨福呂坂は、建長寺の山号の「巨福山」としても使われています。

巨福呂坂洞門建造の碑
巨福呂坂洞門建造の碑
アーチを支える壁の反りも計算された造形です
アーチを支える壁の反りも計算された造形です

鎌倉近代美術館 別館

二つのボリュームのある張り出しが特徴的な、造形美溢れる美術館です
二つのボリュームのある張り出しが特徴的な、造形美溢れる美術館です

6月中旬、北鎌倉建長寺を訪れた後、鎌倉近代美術館 別館に行きました。

 

1984年開館、設計は大髙建築設計事務所。鎌倉館の建築家坂倉準三の軽快な印象と対照的に、ボリューム感のある素材とデザインになっています。

 

芝生の庭園には現代彫刻が数多く展示され、周囲の緑の鎌倉の環境と調和しています。

 

その調和が、なかなか良いんだな。これが。

 

左前庭と美術館。 どう見ても美術館だよね。 軽快なボリューム
左前庭と美術館。 どう見ても美術館だよね。 軽快なボリューム
正面オブジェ
正面オブジェ
美術館正門
美術館正門

鎌倉の森に囲まれた美術館右
鎌倉の森に囲まれた美術館右
鎌倉の森に囲まれた美術館左
鎌倉の森に囲まれた美術館左
正門
正門
前庭の彫刻
前庭の彫刻
張り出したボリューム感のある建物
張り出したボリューム感のある建物
道路から正門
道路から正門

入り口から玄関、庭園へ
入り口から玄関、庭園へ
正面玄関
正面玄関

玄関から彫刻の庭園を
玄関から彫刻の庭園を

写真に夢中になり、展示館の中の構造空間を思わず撮影し、すかさず係官に注意されました。(しょうがないオジサンだよねと思われたに違いない)

 

やっぱり美術館では撮影は禁止だよね!

しかし惜しかったね。少し位良いだろ・・。

 

 

 

 

展示では、日本画家片岡球子の「剃髪」「面構徳川家康」が特に素晴らしかったです。

 

剃髪
剃髪
面構 徳川家康公
面構 徳川家康公

苔に彩られる石畳みが美しい、鎌倉五山第三位 壽福寺

壽福寺、中門への参道 6月、この参道がすごく良い。
壽福寺、中門への参道 6月、この参道がすごく良い。
参道の中央石畳は趣があり、癒されます
参道の中央石畳は趣があり、癒されます
壽福金剛禅寺
壽福金剛禅寺

鎌倉近代博物館を過ぎ、小川通りに入る手前を右に折れ、源氏山方向に進むと、鎌倉五山第三位、壽福寺があります。

 

源頼朝没後の正治2年(1200年)に妻の政子が栄西禅師を迎え、創建したそうです。

 

奥には歴史上の、源実朝・北条政子の墓、詩人高岡虚子の墓、小説家大佛次郎の墓があります。6月中旬。

壽福金剛禅寺の山門
壽福金剛禅寺の山門
壽福寺の案内
壽福寺の案内
壽福寺金剛禅寺の山門正面
壽福寺金剛禅寺の山門正面
中門、この先は御廟のため、入れません
中門、この先は御廟のため、入れません

中門石畳
中門石畳
山門への参道石畳、向こうから来るのは外人さんのカップルでした
山門への参道石畳、向こうから来るのは外人さんのカップルでした

壽福寺への道すがら、道元道士の墓~妙光院~市川喜多映画記念館

道元道士の墓
道元道士の墓
鎌倉市川喜多映画記念館
鎌倉市川喜多映画記念館
妙光院
妙光院
映画記念館裏庭
映画記念館裏庭

CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
マグノリア・リモデルの紹介
マグノリア・リモデルの紹介
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2017
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2016
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
鎌倉古建築探訪「見・歩・感」2015
イラスト制作2018
イラスト制作2018
イラスト制作2017
イラスト制作2017
イラスト制作2016
イラスト制作2016
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより・夏の花
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の俳句」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「四季の短歌」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」
リンク:四季の花だより「野鳥・猫他」