9月の鎌倉、壽福金剛禅寺~八坂大神~道端

2016/09/02

 

9月の鎌倉、壽福金剛禅寺・八坂大神・道端

 

壽福寺本堂への中門、ここまでしか入れません
壽福寺本堂への中門、ここまでしか入れません

 

 

 

 

初秋、源実朝と北条政子が眠る御廟、鎌倉五山第三位、壽福金剛禅寺を訪れました。

 

 

源頼朝没後の正治2年(1200年)、妻・政子が栄西禅寺を開山に迎え創建。

 

山門から続く参道はしっとりと苔に彩られ、中央の石畳が美しく風情があります。

 

 

 

壽福寺の石畳の参道
壽福寺の石畳の参道
山門から参道を望む
山門から参道を望む
壽福金剛禅寺の山門
壽福金剛禅寺の山門
壽福寺中門
壽福寺中門
本堂
本堂
本堂右の鐘楼
本堂右の鐘楼
源実朝の碑がある山門
源実朝の碑がある山門

 

 

 

八坂大神・・(相馬天王・扇ヶ谷鎮守)

 

八坂大神の狛犬
八坂大神の狛犬

 

 

 

初秋、壽福金剛禅寺の横にある、八坂大神を訪れました。

 

 

八坂大神は、建久2年(1192年)千葉常胤の子相馬次郎師常が自宅の守護人として勧請したといいます。

 

その後、浄光明寺裏山にある綱引地蔵付近の岩窟へ、壽福金剛禅寺本堂脇への移転を経て当地へ移転。

 

明治維新の神仏分離令により八坂大神と改称、明治6年には村社に列各したそうです。

 

現在は壽福寺の横でひっそりとある静かな神社です。

 

 

 

八坂大神、本堂
八坂大神、本堂
案内板
案内板
神社境内への鳥居
神社境内への鳥居

境内樹木から
境内樹木から
境内樹木から本堂を望む
境内樹木から本堂を望む

八坂大神の社
八坂大神の社

 

 

9月の巨福呂坂洞門・鎌倉近代美術館別館・他

 

9月の巨福呂坂洞門
9月の巨福呂坂洞門

 

 

 

浄智寺から壽福金剛禅寺まで、鎌倉の道をぶらぶら。

 

 

道端の、巨福呂坂洞門、道元道士の碑、鎌倉近代美術館別館の屋外彫刻展示、川喜多映画記念館中庭、等を堪能しました。

 

鎌倉の道端の風景は季節によっていろいろと変化します。

 

 

 

巨福呂坂洞門の天井
巨福呂坂洞門の天井
9月の鎌倉近代美術館別館
9月の鎌倉近代美術館別館
9月の屋外彫刻展示
9月の屋外彫刻展示

 

 

9月の道端の道元道士の碑と、百日紅の花
9月の道端の道元道士の碑と、百日紅の花
9月の喜多川映画記念館の中庭
9月の喜多川映画記念館の中庭

 

CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
マグノリア・リモデルの紹介
マグノリア・リモデルの紹介
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2017
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2017
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2016
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2016
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2015
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2015
オートシェイプ画 2018
オートシェイプ画 2018
オートシェイプ画 2017
オートシェイプ画 2017
オートシェイプ画 2016
オートシェイプ画 2016
リンク:四季の花・夏の花
リンク:四季の花・夏の花
リンク:四季の花「四季の写句」
リンク:四季の花「四季の写句」
リンク:四季の花「四季の短歌」
リンク:四季の花「四季の短歌」
リンク:四季の花「野鳥・動物 」
リンク:四季の花「野鳥・動物 」