鎌倉文学館・・・文学の香り漂う洋館を訪ねて

2016/04/15

 

鎌倉文学館 文学都市鎌倉の洋館

 

ハーフティンバーとスパニッシュを基調とした和洋折衷デザインの正面の外観
ハーフティンバーとスパニッシュを基調とした和洋折衷デザインの正面の外観

 

 

 

4月、春真っ盛り、鎌倉文学館を訪れました。

 

 

素晴らしい建物でした。

 

係りの方々もアットホームな雰囲気で出迎えてくれ、内部のアールデコ様式のデザイン、大理石を利用した暖炉、飾り窓の装飾とステンドグラス等、ゆったりとした室内空間を堪能しました。

 

文学の歴史を垣間見る展示物も良かったですよ。

 

 

石畳の迂路を登るとみえてくる鎌倉文学館
石畳の迂路を登るとみえてくる鎌倉文学館

 

 

 

鎌倉文学館は、鎌倉ゆかりの文学者の直筆原稿・手紙・愛用品などの文学資料を収集保存し、展示することを目的として、昭和60年(1985年)に開館したそうです。

 

建物は、旧加賀藩前田家第16代当主前田利為氏が昭和11年に、鎌倉別邸として建築したものです。実際には明治23年に建てた別荘が焼失して、洋館を再建したそうです。

 

地上3階建て(1F:RC造、2F・3F:木造)、延べ床面積:1030.65㎡(312坪)。

 

ノーベル平和賞受賞の佐藤栄作元首相が別荘として利用した他、作家三島由紀夫の小説「春の雪」の一場面としても登場しました。

 

 

招鶴洞を抜けて登りつめると鎌倉文学館がみえてきます
招鶴洞を抜けて登りつめると鎌倉文学館がみえてきます

 

青葉に包まれた石畳の迂路
青葉に包まれた石畳の迂路
別荘の石積みの副門
別荘の石積みの副門

石畳を曲がると正門が見えてきます
石畳を曲がると正門が見えてきます
正門
正門

石畳を行く招鶴洞
石畳を行く招鶴洞
招鶴洞を抜けると洋館への道が開けます
招鶴洞を抜けると洋館への道が開けます

 

 

 

三島由紀夫の「春の雪」にはこのように登場します。

 

青葉に包まれた迂路を登りつくしたところに、別荘の大きな石組みの門があらわれる。(中略)先代が建てた茅葺きの家は数年前に焼失し、現侯爵はただちにそのあとへ和洋折衷の、十二の客室のある邸を建て、テラスから南にひらく庭全体を西洋風の庭園に改めた。

 

実際にその情景を感じることができる洋館でした。

 

 

右側面のデザイン
右側面のデザイン

庭園の樹木から望む文学館
庭園の樹木から望む文学館

庭園からの石段をみて。 いいですね~
庭園からの石段をみて。 いいですね~

半六角形の張り出し窓、半円形欄間の飾り窓、ベランダの洋風デザインの手摺
半六角形の張り出し窓、半円形欄間の飾り窓、ベランダの洋風デザインの手摺

 

リシン吹付の側面のデザイン
リシン吹付の側面のデザイン
入り口の樹木から
入り口の樹木から

スパニッシュ風のパラペット装飾
スパニッシュ風のパラペット装飾
裏側のデザイン。3階建てです。
裏側のデザイン。3階建てです。

 

文学館の玄関に通じるエントランス
文学館の玄関に通じるエントランス

 

鎌倉文学館、素晴らしかったです。

 

また、機会があったら是非訪れたいと思います。次は、バラ園満開の時かな・・・。

 

鎌倉文学館のステンドグラス
鎌倉文学館のステンドグラス

 

四季月記
四季月記
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2017
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2017
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2016
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2016
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2015
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2015
オートシェイプ画 2018
オートシェイプ画 2018
オートシェイプ画 2017
オートシェイプ画 2017
オートシェイプ画 2016
オートシェイプ画 2016
リンク:四季の花・夏の花
リンク:四季の花・夏の花
リンク:四季の花「四季の写句」
リンク:四季の花「四季の写句」
リンク:四季の花「四季の短歌」
リンク:四季の花「四季の短歌」
リンク:四季の花「野鳥・動物 」
リンク:四季の花「野鳥・動物 」