東京文化会館、国立科学博物館、公園内の銅像

2016/05/19

 

東京文化会館 クラシック音楽ホール

 

 

 

若いころの有名な建築物だった、東京文化会館にも廻りました。

 

 

東京文化会館は、東京都開都500年祭の記念事業として1961年開館。

 

設計は、建築家前川国男。1961年に日本建築学会賞受賞。

 

既に神奈川県立音楽堂などの開館があったものの、東京の本格的なクラシック音楽のホールとしては初期の建物です。

 

 

公園口への道から文化会館を望む。この大ホールは特徴的です。
公園口への道から文化会館を望む。この大ホールは特徴的です。
公園口から
公園口から
公園口出口から
公園口出口から
国立西洋美術館から、東京文化会館を望む
国立西洋美術館から、東京文化会館を望む
公園側の玄関口通りから
公園側の玄関口通りから

 

 

国立科学博物館

 

 

最後に、国立科学博物館を撮影。

 

 

国立科学博物館は、1926年開館。設立は1877年。

 

本館・日本館の設計は、文部省大臣官房建築課の糟谷謙三氏。

 

地球館は、芦原建築設計研究所と国土交通省整備局

 

 

日本館正面右から
日本館正面右から
公園からの日本館正面デザイン
公園からの日本館正面デザイン
国立博物館東洋館通りから
国立博物館東洋館通りから
正面ロータリー
正面ロータリー
科学館前のモニュメント
科学館前のモニュメント
モニュメント側から日本館を望む
モニュメント側から日本館を望む

 

 

上野公園の気になる銅像たち

 

明治45年建立。 騎馬像「小松宮阿彰仁親王像」
明治45年建立。 騎馬像「小松宮阿彰仁親王像」
明治31年序幕、偉大な功績を残すため建立された 「西郷隆盛像」
明治31年序幕、偉大な功績を残すため建立された 「西郷隆盛像」
昭和16年造立。人類の幸福のために 「野口英世像」
昭和16年造立。人類の幸福のために 「野口英世像」
早朝の上野公園
早朝の上野公園

 

2020年の東京オリンピックを目指し、上野公園は、「文化の杜」に生まれ変わろうとしているそうです。

 

きれいになりました。

 

CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-33Nの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
CH-32Sの一次エネルギー消費量
マグノリア・リモデルの紹介
マグノリア・リモデルの紹介
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2017
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2017
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2016
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2016
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2015
鎌倉の寺社探訪「見・歩・感」2015
オートシェイプ画 2018
オートシェイプ画 2018
オートシェイプ画 2017
オートシェイプ画 2017
オートシェイプ画 2016
オートシェイプ画 2016
リンク:四季の花・夏の花
リンク:四季の花・夏の花
リンク:四季の花「四季の写句」
リンク:四季の花「四季の写句」
リンク:四季の花「四季の短歌」
リンク:四季の花「四季の短歌」
リンク:四季の花「野鳥・動物 」
リンク:四季の花「野鳥・動物 」