読後画像・要約

 

■ 終わった人

 

 

「終わった人」 内館牧子著

2022/5月

 

定年って生前葬だな。これからどうする?

シリアスに、ユーモアに

そしてリアルに描く

 

非常に面白い、考えさせる本でした。リアルですね。

 

2022/5月
2022/5月

 

 

「終わった人」 内館牧子著 要約

 

 

■先が短い幸せ

 

先が短いということは。決して不幸とばかりは言えない。

人生において。生きていて、「終わる」ということ状況は、まさしく適齢でもたらされる。

 

定年が六十歳から六十五歳であるのも、実に絶妙のタイミングなのだ。

定年という「生前葬」にはベストの年齢だ。

 

あとわずか十五年もやりすごせば、本当の葬式だ。

 

先が短いという幸せはどん底の人間でなくても、六十過ぎにはすべて当てはまる。

 

「先が短いのだから、好きなように生きよ」ということなのだ。

 

「どこ吹く風」で好きなように生きればいい。

 

これは先が短い人間の特権であり、実に幸せなことではないか。

 

 

■お袋の話

 

八十八歳から見れば、六十六歳はいい塩梅の年頃で、これから何でもできる年代なのだ。

 

六十六歳は終わった人どころか、明日がある人なのだ。

 

 

 

 

■ 信長はなぜ葬られたのか

 

 

「信長はなぜ葬られたのか」 安部龍太郎著

2022/4月

 

世界史の中の本能寺の変を独自の視点て語っています。

 

戦国時代は世界の大航海時代

戦国時代は空前の高度瀬尾朝時代

戦国時代は重商主義時代

江戸時代は大航海時代から鎖国へ

 

こういう視点もあるのかという本です。

 

265年間の鎖国江戸時代を経て、今年は明治維新150年、鎖国がなければどうだったろう?

 

2022/4月
2022/4月

 

 

 

■ 人生は70才からが一番面白い

 

 

「人生は70才からが一番面白い」 弘兼憲史著 

2022/3月

 

自分の世界と趣味で上機嫌な人生を・・

 

そろそろ70歳からの過ごし方を考える人には、一つの考え方として非常に参考になると思います。

内容は、ま~ま~かな。

 

2022/3月
2022/3月

 

 

人生は70歳からが一番面白い 弘兼憲史 要約

 

 

■上機嫌な人づきあい

 

●老化現象をプラス思考へ転換・・老人力がついてきたとプラス思考

●年齢を重ねることは成長の証

●65歳から第二の人生・・80歳から第三の人生

●謙虚に・丁寧に・敬語を使う ことがコツ

●頼まれごとで社会に貢献・・積極的社会貢献・・ボランティア

●相手を立てて・褒めて・譲る・・感謝して・応えて・与える

●自分にとって正論が、常に最善策とは限らない

●人づきあいを整理する・・取捨選択・・人間関係を絞り身軽に

●好きでない人と無理に付き合う必要はない

 

 

■妻と子供から自立して上機嫌

 

●役割を考えて妻から自立する・・妻を役に自由に・・食事・掃除・洗濯

●自立した夫婦関係で、お互いにそれぞれの人生を楽しむ・・生きがい

●子供に依存しない・・依存もさせない・・子供に財産を残さない

●独居を愉しむ・・一人暮らしが楽しい・・もしもの対策はとっておく

 

 

■上機嫌な死に方

 

●墓参りはいらない・・人間死んだらそこで終わり・・戒名はいらない・・自由に

●お墓は遺骨をおいてあるところ・・仏壇は位牌がおいてあるところ

●家族葬・在宅死のすすめ・・介護や延命治療の意思を伝えて置く

①通帳・キャッシュカード・保険の保管場所

②年金や収入と支払いの明細

③健康保険・介護保険の保管場所

④余命告知・延命治療・の希望

⑤危篤時に知らせて欲しい連絡先

 

 

■上機嫌に健康長寿

 

●ストレスを溜めない・・悪いストレスは対処する・・完璧主義を止める

●積極的に笑顔

●頑張り癖をやめる・・自己嫌悪の悪循環にはまらない

●脳内麻薬・・ウオーキング・・非日常を愉しむトライ・・快楽物質

●料理や麻雀で脳を劣化させない

●疲れたら頑張らない・・無理せず一旦引く

 

 

■最後まで上機嫌で楽しむ

 

●なるようになるさ・・すべてを受け入れる・・起こっていないことで心配しない・悩まない

●ま、いいか・・自分を許す

●余命半年でも受け入れる

●今日一日を楽しく・・明日は明日の風・・明日になれば少し楽になる

●分をわきまえる・・人間は生まれながらにして平等ではない・・自分の長所に気づき楽しい人生に

●男は内向して楽しめ・・ジャズ・昭和歌謡・イラスト・写真・寺院・花・古建築・俳句・自分の世界に浸り・趣味に浸り

●自分が楽しければそれで良い・・なにげない風景を楽しむ

●非日常と非効率を楽しむ・・探求心と好奇心を持ち続ける・・新しい物事

●料理・・ポットに、万能だし汁・・水・昆布・煮干し・シイタケ・・一晩冷蔵庫

●勇気をもって金をつかおう

●積極的なコミュニケーションと、人的クロスオーバー

●不平不満を言わない・・疲れることはやめよう・・SNSで不平不満を言わない

●腹が立っても、「ま、いいか」・・「それがどうした」・・「人それぞれ」 と唱える。

 

 

■自分たち世代の責任

 

●団塊世代の責任・・日本の官僚支配や既得権体質を変えようとしなかった

●江戸時代・・幕府官僚、

明治・・官僚主導・大蔵省・裕福家庭の高級官僚

明治の終わり・・軍官僚と大蔵官僚の対立

昭和・・陸軍官僚・・第二次大戦

戦後・・産業発展のため各省庁が許認可権を強める・・大蔵省

1972年田中角栄・・建設省官僚

1974年田中角栄辞職・・大蔵官僚・・地元優先の公共事業予算・・企業は税制優遇・公的融資で配下に

2014年・・内閣府人事局・・表向きは政治家主導でも・・結局財務省が優位

 

●団塊の世代の時代・・大学進学率20%・・勝ち逃げ世代

●今なにが起きているのか判断すること・・責任のある一票を・・自立の先の自律

●改めて歴史観をみがけ・・戦後の自虐的な歴史観の教育・・愛国心やアイディンティティーがない

●いいか悪いかではなく、過去の事実を教えて、その後の判断は本人がする・・それが教育である

過去の日本を否定するだけの歴史教育ではだめ・・愛国心や軍事へのアレルギー

 

●日本人は

①古代から自然のなかに神々を見いだし共存

②独自の文化を大切に

③海外の文化を自分たちのスタイルに融合させた、柔軟性と創造性をもつ

 

●平和の概念も時代によって、国によって、変わる

●非武装中立は夢物語・・話せばわかるでは、一方的に攻められて占領されて国が終わる

●国家は国民を外敵から守らなければないけない・・そのための防衛力

●話し合いには軍事力が必要・・軍備を持たない国はない・・現実的に幸せになる方法を考えろ

●自衛隊も必要、集団的自営権も必要、

●今までの日米安保条約では、日本は自立できない

●北朝鮮、中国の現実的攻撃の現実をみれば

●国防力の強化や集団的自衛権の容認は、日本が自立した平和を維持するための一歩

アメリカに従属することがなく、国家としての独立性を高めよ・・

●日本が軍事国家になることはない・・国を侵略することはない・・今の日本にそんな必要はない

●日本人と日本の国土を守るために必要な軍備であり、集団的自衛権である

●だから、憲法を改正し、軍隊を保持し、侵略戦争はしないという旨を、明文化すべき。

 

四季月記
四季月記
鎌倉寺社探訪「見・歩・感」2017
鎌倉寺社探訪「見・歩・感」2017
鎌倉寺社探訪「見・歩・感」2016
鎌倉寺社探訪「見・歩・感」2016
鎌倉寺社探訪「見・歩・感」2015
鎌倉寺社探訪「見・歩・感」2015
オートシェイプ画 2018
オートシェイプ画 2018
オートシェイプ画 2017
オートシェイプ画 2017
オートシェイプ画 2016
オートシェイプ画 2016
リンク:四季の花・夏の花
リンク:四季の花・夏の花
リンク:四季の花「四季の写句」
リンク:四季の花「四季の写句」
リンク:四季の花「四季の短歌」
リンク:四季の花「四季の短歌」
リンク:四季の花「野鳥・動物 」
リンク:四季の花「野鳥・動物 」